スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川崎病原因解明

川崎病、複数細菌原因か・・・抗菌剤で治療成功(読売オンライン)


昨日のニュースでもやっていましたが、
順天堂大学の研究チームが川崎病の原因(の一部)を突き止めたようです。
研究チームによると複数の細菌が作り出すたんぱく質の相乗効果により、
さまざまな症状が引き起こされているらしいんだとか。
川崎病の診断基準は6つありますが、すべてが現れる人もいれば、
そのうちのいくつかの人もいます。
細菌の組み合わせにより、現れる症状が異なるんだとすれば、
このことは納得がいきますよね。

また、研究チームの山城雄一郎・特任教授は
「細菌の組み合わせによって症状が変わると考えられる。
数滴の血液から細菌の種類を特定できるので、
さらに多くの症例を調べれば治療法を確立できるだろう」
と話しているそうです。
細菌の培養特定にどれくらい時間を要するのかわかりませんが、
すぐその日に特定できるってことはないと思うので、
迅速特定の研究も進めていっていただきたいものですね。

川崎病は治療法はほぼ確立されていても、原因が不明だった不思議な病気。
免疫グロブリン療法も発熱から5日くらいには始めないと後遺症が残る可能性が高い
といわれました。
原因がわかれば迅速診断が可能になるでしょうし、後遺症が残る心配もなくなって
いくことでしょう。
患者となりうるこどもにとっても、その親にとっても、これは朗報ですね。

ちなみに、我が家のぽっぽですが、その後の検診でもまったく異常ありません。
あっという間に診断基準の症状がそろってしまったので、ハイリスクだと言われま
したが、
免疫グロブリンの投与が早く行えたおかげか、元気に育ってくれています。
ありがたいことです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てんき

Author:てんき
神奈川生まれの神奈川育ち。
神奈川在住。
丑年生まれ。
3児の働くママです!
上から
『みー(みーみん)』
『ひー(ぴっぴ)』
『ほー(ぽっぽ)』
みーは小学生。
ひーとほーは
1歳6ヶ月差の年子です♪
仕事はやめませんよ~。

注)ブログ内容にそぐわないコメントは、容赦なく削除させていただきますので、ご了承ください!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。