スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どっちがエコかな?

先日、お寿司(回転寿司っす)を食べに行ったら、そこのお店では割り箸ではなく、洗って使いまわすお箸でした。
そのお店の言い分としては

・毎年、日本の割り箸の消費量は約250億膳で、この量は家が約1万戸建つと言われています。我が店では環境に配慮した店作りを目指しているので、割り箸の使用を控えさせていただきます。

ということ。
調べてみると、『割り箸論争』と言うものが十数年前から幾度となく起こっているようです。

割り箸は環境破壊か否か!?

割り箸は本来捨ててしまうようなくず木材から作られているので、古来から伝わる日本の省エネ商品なんだそうです。
ですが、最近は安い割り箸が中国あたりから輸入されるようになり、くず木材を利用した割り箸は割高に・・・なんだか、本末転倒ですよね
結局は環境破壊につながっているってことなんでしょうかねぇ?

でも私が思ったのは、どこの木材が使われているかではないんです。

毎年、家が一万戸も建つような量の割り箸が、
ごみとして燃やされているってことなんです。

最近は京都議定書に則って、地球温暖化ガスの削減が求められていますよね。
割り箸とはいえ、それだけ燃やしたら結構な量の二酸化炭素が出るのではないかと思ったのです。

それで最近の私はお昼のお弁当の時も『マイ箸』を使っています。お弁当を持参した時はもちろん、会社の仕出し弁当の時もです。
もちろん、使い終わったら洗わなくちゃなりません。
そこで問題です。

箸を洗う量の水を作る時に発生する二酸化炭素の量と割り箸を燃やした時に発生する二酸化炭素の量はどちらが多いのでしょう???

私としては燃やす方が多いだろうと思っているのですが、実際はどうなんだろうなぁ?
どなたかご存知ありませんか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

マイ箸って、10数年前だかに流行った(って言い方は変かな)よね。

二酸化炭素量かぁ~~考えたこともなかった。
箸を洗う“水”や“洗剤”の心配ならしたことあるけど。
無駄遣いするか、無駄なものを作ってしまうか……

私はビニールに一言言いたい!毎日出る山のようなごみ、紙やペットボトルはリサイクルできるけど、商品を包んでいるビニールやラップってもったいなくないですか?便利だけど、でもすごい量ですよね。川崎はなんと燃えるごみと燃えないごみすら分別しないんですよ。市長に投書したけど変事がなかったなあ。。。
50年後には石油が枯渇するとか。。。子供たちの生きる未来はどうなってしまうのか、心配です。

最近、マイ箸ってよく聞くようになりましたよね。
水も木材も重要な環境なのでどっちがどっちとはいえない気もしますが・・・

コンビニでお弁当を買ったとき箸はいりません、とは言っているけれど、ビニール袋に入れてもって帰ってきちゃうしな。
ゴミスリムってけっこう難しいですよね。

SATきちさんへ

考え出したらどっちもどっちかもしれませんね。
ま、そのあたりは自分の信念に従うってことで(笑)

マイ箸は今のところ会社だけにしてます。

Maikoさんへ

確かに!
ビニールは出されるごみの中でもダントツだそうですね。
ラップももったいないですよね~。
最近、使いまわしのラップ(シリコン製かな)ってのが売ってますよね。頻繁に使うものだし、買ってみようかなって思ってたところです。
子供達のためにも、できるところからコツコツと!ですね。

あすかさんへ

全部をいっぺんに止めるのは難しいですよね。出来るところから徐々にってことで!
ちょっとしたことでも、ちりも積もれば・・・って言いますし、いいのではないでしょうかね。
コンビニの小さいビニール袋はひーのウンチオムツを入れて捨てるのに使ってます。一度だけで捨てるんじゃないから許して~(笑)
プロフィール

てんき

Author:てんき
神奈川生まれの神奈川育ち。
神奈川在住。
丑年生まれ。
3児の働くママです!
上から
『みー(みーみん)』
『ひー(ぴっぴ)』
『ほー(ぽっぽ)』
みーは小学生。
ひーとほーは
1歳6ヶ月差の年子です♪
仕事はやめませんよ~。

注)ブログ内容にそぐわないコメントは、容赦なく削除させていただきますので、ご了承ください!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。